ますみのど直球人生(仮)

「生命に触れるファシリテーション!やる理由発掘ファシリテーター」高橋真澄のブログ「ますみのど直球人生(仮)」です。

セカンドキャリアへの旅路(33)行動の源泉にある痛みの癒やし

おはようございます、ますみです😆

今年、花粉症になった、という方がちらほらおります。
僕は小学校6年生から花粉症でしたが、辛いっすねぇ。
いつか時間をちゃんと取ってプロセスしてみたいと考えてます。結果が出たらシェアしますね。

前回まで

受託開発を進めてきた核となる社員が退社する。
残る社員で新商品の開発に乗り出した。
一方、僕のサービス開発は難航していた。
僕自身が何をしたいのか、完全に見失っていたんだ。

小さな頃の記憶

f:id:massue0013:20180330015834j:plain

「僕は一体、何がしたいんだ❗️」
と自分に問うた時。
小さい頃の記憶が蘇ってきた。

ガシャーン❗️

父「ふざけるんじゃない❗️」

父が酔って帰り、家の玄関のガラスを壊している。

僕「ごめんなさいいいい」
僕は、わけも分からず土下座して泣いていた。

怯えている母が目に入る。
胸がぎゅっと苦しくなった。

お母さんを守らなきゃ❗️

どうやって父を止めようか。
そのことで、頭がいっぱいだった。

力では勝てない。
包丁で刺すしか…❗️
純粋な殺意。

すきを見て、台所にいく算段を立てていた。

・・・

・・・

・・・

僕が小さい頃。
父と母が喧嘩することが度々あった。
その象徴的な出来事が、これだった。

父「仕事だから仕方ない。」

そう言って、父は家を空けることが多かった。
やりたくないことをする理由がわからない。
僕とも遊んでくれない。

仕事の時間が1/10になればいいのに❗️
本気でそう思っていた。

母も、父との喧嘩や、その他のことも重なった。
何年も苦しみ抜いていた。

僕が中学に入る前。
母があるお寺に出会った。
母が修行を始めたことで、家の中は穏やかになっていった。

僕が高校を卒業する頃には、喧嘩はほぼなくなっていた。
「仏教、凄いなぁ。」
ただ、感嘆していた。

仕事を選んだ理由

f:id:massue0013:20180330015901j:plain

僕が大学を卒業したとき。
仏門に入るかIT企業に入るか、悩んだ。

仏門に入るのは、困っている人の助けになりたかった。

IT企業に入るのは、世の中の仕事の時間を1/10にしたかった。
残りの時間を家族や大切な人と過ごす時間にしてほしかった。

散々悩んで、IT企業に入った。
でも、どれだけ業務効率化しても、帰る時間は早くならなかった。

それどころか、不夜城だった。
プログラマやSEの離婚率は高い。鬱になる人も多い。

何かがおかしい。

そう思った僕は、TOCを学び、そして、NVC、コネクション・プラクティスを学んできた。それは全て、ITで仕事の時間を1/10にしたい、という願いのため。

僕と同じような思いをする人が現れないように。

行動の源泉にある痛みの癒やし

f:id:massue0013:20180330020153j:plain

仕事を選んだ理由を思い出したとき。
「僕は僕を癒やしたいんだなぁ…」
と、気づいてしまった。

ショックだった…。

これまでの歩みは、世の中を変えたり、人を助けることで、過去の自分の痛みを癒そうとする試みだったのだ。自分を癒すために人に関わるとか、どんだけ効率が悪いことをしてたんだろう。

気づけなかった自分にがっかりした。
一方、気付けたので、自分で癒やせば良いこともわかった。

早速、過去の痛みを癒しに掛かる。
NVC、コネクション・プラクティス、ファミリーコンステレーション、フォーカシング…これまで学んだ全てを投入して、徹底的に癒やした❗️

そして、3時間もプロセスしたとき。
世界が変わって見えたんだ…。

次号に続く。