ますみのど直球人生(仮)

「生命に触れるファシリテーション!やる理由発掘ファシリテーター」高橋真澄のブログ「ますみのど直球人生(仮)」です。

セカンドキャリアへの旅路(50)今、そして、これから

おはようございます、ますみです😊
昨日は合宿の準備で清里まで行ってきました。
6/1(金)〜6/3(日)に開くリトリートの下見。
気持ちがいい澄んだ空気。
静かな会場。
そして、美味しい食事。

もうね。食事が美味しすぎてダメになります。
どのぐらい美味しいかは、コチラで語っております↓
https://youtu.be/yf8074xTTuI
※音量注意

前回まで

リトリートを終えて、下山したのち。
やりたいことに没頭し続けた。
そしてついに、僕が今やるべきことが明らかになったんだ…!

気づきのきっかけ

ファシリテーション
コンサルティング
オンラインクラス
対立解消
個人セッション

僕は、やりたくて得意なことに集中した。
僕が苦手で時間がかかることは、どんどん人に任せた。
スキルはあっても、喜々として取り組めないことも、人に任せた。

そして、最後に残ったプログラミングの仕事。
作ったものが、喜んでもらえると嬉しい。
でも、作っている最中は、神経がすり減る。 体調も優れない。

「これは、続けられないな…。」
そう感じて、引継ぐことを決意した。
早速、協力してくれそうな人を探す。
何人もに声をかけて、紹介してもらうことを試みた。

このご時世、IT業界は人材不足。
頭では、見つかる可能性は低いだろう、という考えはあった。
でもなぜか、見つかる、という確信だけはあったんだ。

すると、2週間もしないうちに、何社か紹介してもらえた。

早速面談を実施。
何人目かで、素質十分な若手に出会った。
わからないことをわからない、と言える。
懸念があるとき、あると言える。
その他、あると嬉しい経験も持っていた。
スキルは多少教育が必要だけど、任せられそうだ。

翌週から、zoomで教育しながら引継ぎを開始した。
興味と素質のある人の飲み込みは、驚くほど早い。
伝える僕も嬉しい。

前のめりに求める人に伝える喜び。
受け取ってもらえるありがたさ。
僕自身、教えることに、やりがいを感じていたんだ。

今、知るべきこと

引継ぎの件は、出来る限りのことはした。
後は結果を待つばかりだ。

僕は、NVCやコネクション・プラクティスの伝え方を悩んでいた。
人の役に立つことはわかる。
人生を根本から変えるような気付きや、人への理解が得られる。
人生を豊かに生きるための、妥当な行動を選べるようになる。
何が自分の人生を豊かにするために必要なのか、知ることが出来る。
人とのつながりは取り戻すことが出来る

だが、どんな課題に対して有効なのか、掴みきれない。
課題抽出の一つの方法として、論理的にひっくり返す、というものがある。

人生は変わらない
人への理解は得ることができない
人生を豊かに生きるための、妥当な行動を選べない
何が自分の人生を豊かにするために必要なのか、知ることができない
人とのつながりは取り戻すことが出来ない

とでもなるのだろうか。
こんな課題を抱えてる人が、現実に存在するんだろうか。
さっぱりわからない。

とりあえず、わからない、ということがわかった。

そして、何か、階段をすっ飛ばしてるような感覚も覚えていた。
「何があるんだろう…?」
階段の感覚に意識を向ける。

すると、
「好きなものを売ろうとするのはまだ無理。」
という声を受け取った。

ふと、パソコン販売時代が思い出された。
売っていたパソコンが好き、ということはなかった。
単に、お客様が必要としているものを、売り場にある商品から提案していた。
それだけで、販売台数が大きく伸びた。
お客様から、とんでもなく感謝もされていた。

「僕は、あの感覚が好きなんだなぁ。」
唐突に、気付いてしまった。

喜びで与え、受け取ること。
ただ、その感覚が好きなんだ。

「いま、僕が知るべきことはなんだろう?」

自分に問う。

喜びで与え、受けとれる人で世の中をいっぱいにするために生きること。
常に愛とお祝いのエネルギーから行動できる自分でありたい。
その在り方が、物心ともに豊かにすることを証明したい。
ルーチンワークは1日15分。
それ以外は、自分を知り、人を知るための時間。
その時間が、喜びで与え、受けとれる人と、商品を育む。
結果として、経済的持続可能性も満たされる。
再現性と伝搬性が高く、利益速度が速い事業を構築する。
ゆくゆくは暖簾分けして、このミッションの遂行を加速する。

そのために、今、砂漠で水を売る方法を学ぶことが必要。
売りたいものを売るのではなく、顧客が必要なものを売る。
ビジネスの基本を一から学びなおすこと。
その実績を十分積む必要がある。

そんな洞察が、得られた。

元々、我流でやってきたビジネスだ。
ビジネスの基本が必要というのは、うっすら自覚はあった。
今が学ぶ時期だ、ということにも、納得ができた…!

次にやること

「まずは学ぶ方法を決める必要がある。」
やることは決まった。
方法をどうやって決めようか。
そう思っていた矢先。
教えを請いたい、と思える人を知ることになった。

早速、メンターをお願いしたい旨、メールを入れる。
「お返事もらえるんだろうか、、、」
待つこと数時間。

返信が入った。
不安と期待とが入り交じつつ、開封。
すると、日程調整の連絡が…!

その後、面談と、秘書の方とも何度かやり取り。
無事、学べることになった!

この先、どんな成果が出てくるのか。
たった今は、全くの未知数。
やったことがないことだけに、先が見えない。

とは言え、不安はなくて、ただ、希望がある。
何が起こるかわからないワクワク感😆
我流でやってきた今を繰り返すほうが、僕には辛い。

まずは、出来る限りやってみようと考えている。

セカンドキャリアへの旅路 おわり。


明日以降は、新しいテーマで記事を書き始める予定です。
今後も読んでくれたらうれしいです☺️