ますみのど直球人生(仮)

「生命に触れるファシリテーション!やる理由発掘ファシリテーター」高橋真澄のブログ「ますみのど直球人生(仮)」です。

セカンドキャリアへの旅路(47)ビジネスアワードへの参加

こんばんは、ますみです😊
今日は友人の結婚式に出席してきました。
幸せのおすそ分けをもらってほんわか😊

お互いの深いニーズを大切にし合える夫婦でありたいなぁ、と思えた今日でした。

前回まで

時間あたりの粗利をあげよう。
そう思ったものの、どうして良いのか途方にくれた。
そんな僕の元に、一本の電話が来たんだ。

ビジネスアワード

「どもー、◯△銀行です。」
電話に出ると、取引先の銀行の担当者。

担当者「今度うちでビジネスアワードやるんですけど、説明に伺っていいすか?」

ビジネスアワードは、企画書を出して、選ばれれば賞金がもらえるイベントだ。
もし資金が貰えればありがたい。
企画書を書く段階で、やりたいことも整理されそう。

僕「ぜひー。いつがいいです?」 即OKした。
早速会って、話を聞く。

色々と話を聞くと、

  • 最高賞金300万円
  • 他の会社とコネが作れる

ということだった。

「コネはありがたいなぁ…」

コネクション・プラクティスのクラスを仕事にする場合、知名度や実績のなさが辛いところ。
どう提案したら良いものか、まだ見えていない。
企業内に存在する問題について、知れるようなコネが欲しい。
そう思い、賞金をもらうことより、コネを作るため、参加することにした。

とは言え、企画がしょぼくてはどうしようもない。
ひとりで悩んでみたり、コネクション・プラクティス仲間に頼ってみたり。 2週間ほど掛かり、企画書が完成…!
無事、提出を果たした❗️

「おわったぁああ」
達成感と安堵でぐったりする。
出来ることはやりきった。

でも、違和感が残っている。
理論上の時間あたりの利益、つまり時間速度が、思うほど上がらなかった。
まだ余裕のない日々が続く、と思うと、辛い。

さらに、クラスだけでは、僕が望む世界につながらないような違和感も。

「この違和感について、何を知るべきだろう」
自分に問う。
すると、砂漠の上で座って草笛を吹く女性。

「なんの意味があるか教えてくれる?」
改めて問う。
すると、「たのしんでー♡」というメッセージ。

「お、おぉ…」
あまりの脳天気なメッセージに、一瞬、途方にくれてしまった。
思い返すと、脳天気すぎて、心が軽くなる。

まずは、僕が楽しくてやりたいと思えることだけやろう。
そのうち、全然違うアイディアも浮かんでくるだろう。

そんな気楽な心持ちで、やりたいことをリストアップしていったんだ。

次号に続く。