ますみのど直球人生(仮)

「生命に触れるファシリテーション!やる理由発掘ファシリテーター」高橋真澄のブログ「ますみのど直球人生(仮)」です。

セカンドキャリアへの旅路(42)生命が世界とまぐわうような

おはようございます、ますみです☺️
今日は三男の小学校の入学式😆
三男は無邪気に率直に疑問を投げる子。
気付かされることも多くて、ありがたい限りです💖

前回まで

感謝、という存在になること。
自分を表現すること。
聞いてもらうこと。
受け取ってもらうこと。

その体験こそが、必要だと気付いた。

IITの参加者のひとりにピンと来た。
時間を作ってもらい、親キリン子キリンのワークをお願いしたんだ。

親キリン子キリン

f:id:massue0013:20180404021426j:plain

「どこがいいかなぁ」
合宿所の、落ち着ける場所を探した。

今回のIIT、全体で100名を超える。
落ち着く場所を探すだけでも一苦労。

ようやく、共有スペースの端に腰を据える。
今の状況を伝えて、ワークを開始した。

僕は、僕の中にある感謝、という存在を確かめる。
ちょうど心臓のあたり。
意識を、感謝に向けていく。 
まるくて。ほんのり暖かい。

徐々に、感謝だけではなく。
内側に、まばゆい光を感じ始めていた。

ここにいる僕自身が、ひかりと共に、ここを超えてゆく感覚。
体があって、ないような。

どこまでも続く世界に立っているかのよう。
同時に僕は、立っている僕を見てもいる。
どちらの僕も、存在している確かな実感。

僕は世界で、世界は僕で。
僕はここにいて、どこにでもいる。

何の評価も判断もない。
ただ、存在すること。
存在を、認めること。

その様子を、名付けるとしたら、愛。
僕は今まさに、愛。
そして、生命と共に、いる。
この身を駆動する、生命のバイブレーションを感じる。

「僕はこの先、生命と共に、生きていく」
僕自身へのコミットメントが湧き上がる。 

生命のバイブレーションに身を預け、全身を満たしていく。
胸の内側から頭のてっぺん。
両手。足の先に至るまで。
ゆっくりと、満ちることを感じる。

これ以上、人の身では受けられない、と言うかのように。
体が震える。
身も心も充ち満ちる。

僕は全てで、全ては僕。
生命が世界とまぐわうような、すべてが一つに溶け合う。
生命のバイブレーションが、心と体を駆動する。

確かに僕はここに存る。

その歓喜に、全身が震えた。 

「産んでくれて、ありがとう」

ひとこと。

僕の体を通して、言うことが出来た。
それ以上言葉にすることが出来ず。
僕は、泣き崩れたんだ。

 ・・・

・・・

・・・

胸を借りてひとしきり泣いた後。
体が羽根のように軽い。
自由を感じる。

まるで、違う世界に生まれ変わったかのように。

そして、静かにプロセスを終えたんだ。

ハグ

一通りプロセスを終えた後。
妙に人恋しくなった。

触れ合いたい。 
肉体の接触。
ぬくもり。

なにより、お祝いを分かち合いたい。

僕は、人がいそうなところに移動して、ゲリラハグ😆
言葉にはできなかったけれど、みんなハグに応じてくれて感謝☺️

みんな、大好きだーーー❗️

メール

部屋に戻った後。

感謝を表現することの大切さ。
表現しないことの痛み。
それぞれを、しみじみと感じていた。

これから先、感謝を感じたらできるだけ伝えよう。

そう思いながら、余韻に浸っていると、一通のメールが届いた。
新商品について、問合せのメールだった。

次号へ続く。