ますみのど直球人生(仮)

「生命に触れるファシリテーション!やる理由発掘ファシリテーター」高橋真澄のブログ「ますみのど直球人生(仮)」です。

セカンドキャリアへの旅路(2)もぐら

おはようございます😆

 

やる理由発掘ファシリテーターの、高橋真澄です😉

 

今日もアクセス、ありがとう💓

 

前のテーマが一段落して、次も読んでくれるかなと不安だったけど、いいね!を思いの外いただけて、ホッとしながら書いている今です🙂

 

読んでいて、何か湧き上がるものがありましたら、いいね!か感想をくださいませ💕

 

過去の記事のまとめはこちら。

起業から3年で目標達成できたワケ まとめ

 

僕が関わるイベント一覧は下記です。

ご興味の方は、ぜひお越し下さい💓

今後のイベント情報

 

━-━-━-━-━-━-━-━-

 

「もぐら」

 

デジタルサイネージ事業を始めることにした僕。

 

僕の役割はプログラム開発。

 

営業担当や企画担当は、僕を誘った友人がしていた。

 

僕は、その時請け負っていた仕事をいったん止めて、デジタルサイネージの仕事に専念した。

 

自分がお店でデジタルサイネージを使うなら、どんな製品が使いやすいんだろう、、、と、妄想に妄想を重ねてプロトタイプを作成🙂

 

何枚も絵を書いて、 プログラムを書く。

自分で使ってみては、使い勝手が悪いところを改善❗️

 

ひたすら繰り返すこと2週間。

 

「プロトタイプできたーーー!😄」

 

と、プロジェクトメンバーに持っていくと、

「これは!使いやすいぞ!?😳」

と、高評価❗️

 

「これで売っていこう!」

 

と、一気に弾みがついて、営業活動が始まった。

 

営業活動の間、僕は止めていた仕事を再開。

日銭を稼ぐことにした。

 

このデジタルサイネージのプロジェクトは、レベニューシェアという形を取っていた。

 

レベニューシェアとは、開発者が開発費用を負担し、サービスがちゃんと稼働して利益が出たとき、その利益を販売側と分配する、というモデルだ。

 

このモデルの性質上、開発中はお金が入らない。

そのため、開発を継続したり、会社自体が存続し続けるために、開発側には資金力が必要となる。

 

だがしかし!

僕には資金力がない🤮

権利収入や不労所得収入がなくてもやっていける蓄えもない😱

 

当時、社員が利益を上げていたが、僕の売上が0円だと、会社としては赤字。

 

つまり、会社を維持するためには、僕が稼ぐしか無い❗️😠

 

そう考えて、もぐらのように引き篭もって、プログラム開発に専念。

 

土日も休んでいる場合じゃない。夜中までプログラム開発だ。

 

そんな日々を過ごすうち、パソコンに向かったまま、

「これ、どう書いたらいいんだろう、、、」

「ここの書き方がわかれば、さくっと終わるんだ」

「うーん?わからない、、、」

と悩んで、

気づけば1日が終わっている、、、

そんな日が続くようになっていた🤯

 

納品が遅れたらお金が入らない。

遅れるわけにはいかない。

でも、進まない。

 

苦しい😭

 

でも、時間さえあれば、書き方さえ思いつけば、ちゃんと作れる自信はある😠

 

と、その時の僕は、自分を信じて疑わなかった。

 

自分の中で起こっていることに、気が付かないままに、、、

 

次号、「あいあむ東北人」

気に入ったら、読者登録していただけたらうれしいです💕